Study  研究室での主な研究内容を紹介します。   
 Contents

schedule

 ■地方都市の数理モデル構築に関する研究     

 

 人口変動を伴う一定地域の人口の分布と構造を複雑系と捉え、解析モデルをセル・オートマトン(cellular automata:CA)に基づいて構築し、地方都市の人口状況とその特徴を把握する基本的な数理モデルを構築する。数理モデルは都市に見合った各種需要の推定に利用し、持続可能な活性化した都市・地域計画を進めるツールとする。また、地方ごとの人口動向の違いを調べることにも応用する。

キーワード:計量地理学、地方都市、人口状況推定、数理モデル、セル・オートマトン、地理情報システム

■関連する研究   

2007年度  1 少子高齢と人口減少社会に対応した生活サービス構築に関する基礎的研究 (PDF)
 
2005年度  1 少子高齢と人口減少社会に対応した生活サービスの抽出及び位置づけ (PDF)
 
2003年度  1 複層化セルオートマトン法と地理情報システムを利用した都市の解析 (PDF)
 
2001年度  1 セルオートマトン法を用いた地方都市活性化のモデル評価 (PDF)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

back

〒890-0065鹿児島県鹿児島市郡元1-21-40建築学科棟3F本間研究室

TOP研究室概要研究スタッフ研究内容受賞歴スケジュールリンクOB・学生用
Copyright (C) 2010 copyrights.Honma.lab. All Rights Reserved.