Study  研究室での主な研究内容を紹介します。   
 Contents

schedule

 ■集合住宅配置計画に関する研究     

 

 

 低層集合配置の計画は、無限の配置状況があるにもかかわらず、設計者の感性に拘束された形態に限定される傾向にある。本研究は、生物的アプローチを用い、設計者に無限の可能性を提示しかつ、操作を加えるという疑似育種法や疑似盆栽法の手法により、設計者の発想を引き出す集合住宅配置計画の発想支援システムを確立することを目指す。

キーワード:低層集合住宅、配置計画、疑似育種法、疑似盆栽法、発想支援システム、生物的アプローチ

■関連する研究   

2008年度  1 発想支援システムを用いた低層集合住宅の配置計画・設計手法 (PDF)
 
2005年度  1 遺伝子操作を導入した疑似育種法による集合住宅配置計画の発想支援 (PDF)
 
2004年度  1 対話型進化計算による低層集合住宅の発想支援システムの構築 (PDF)
 
2003年度  1 低層集合住宅配置計画における発想支援システムモデルの構築 (PDF)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

back

〒890-0065鹿児島県鹿児島市郡元1-21-40建築学科棟3F本間研究室

TOP研究室概要研究スタッフ研究内容受賞歴スケジュールリンクOB・学生用
Copyright (C) 2010 copyrights.Honma.lab. All Rights Reserved.